ピリピリしたら要注意!シャンプーで頭皮がしみる原因

ヘアカラーをした事があるなら、
頭皮に薬剤が付いてしみるという経験をした事があるかもしれません。

 

 

ヘアカラーの薬剤は刺激が強いので、しみるのは普通です。

 

 

しかし、シャンプーでしみる時には頭皮が荒れている可能性が高いです。

 

 

 

 

頭皮がシャンプーでしみる原因

 

シャンプーのたびにピリピリしたり、痛みがあるときは要注意です。

 

 

ちょっと鏡の前で髪の毛を掻き分けてみてください。

 

 

頭皮が赤くなっていたり炎症を起こしていませんか?

 

 

普段から頭を洗うときに爪を立てて洗ったりゴシゴシと強くこすっている場合は、
頭皮が傷ついてそこから炎症を起こっているのです。

 

 

普段からシャンプーで洗いすぎていると
頭皮を守る皮脂まで取り除いてしまい、
頭皮が乾燥してしまっている場合があります。

 

 

頭皮がカサカサしてフケが異常に出ているときは、
潤い不足になっています。

 

 

 

 

頭皮がしみる時の対策

 

頭皮を鏡で見て炎症がひどい場合や傷になっているときには、
まず皮膚科で診てもらって炎症を治すことが大事です。

 

 

それほどひどくない場合には、
健康的な頭皮を取り戻すことから始めましょう。

 

 

洗浄力や脱脂力の高いアルコール系のシャンプーの使用を止めて、
アミノ酸系シャンプーを使うようにしましょう。

 

 

洗浄力の強いタイプを使っていた場合には、
泡立ちが少なく髪のきしみを感じるかもしれませんが、
使用を続けているうちに頭皮や髪が本来の状態に戻って行きます。

 

 

また、お肌同様に頭皮にも潤いが必要なため、
お風呂上りには頭皮にも保湿をしてあげる事が大事です。

 

 

 

 

体の中からも頭皮ケアを

 

シャンプーや保湿といった外部からのケアに加えて、
体の中からもケアを心がけてください。

 

 

ビタミンやミネラルなどをしっかりと摂るようにすると
頭皮にも良いですよ。