シャンプーするのは夜と朝のどっちが正しい?

シャンプーは夜派や朝派、朝と夜の2回する派の
3パターンに分かれます。

 

 

頭皮に良いタイミングを選んでいたり、
単に習慣でやっているという人もいますが
どちらがいいのかあまり考えた事は無いのではないでしょうか?

 

 

まず、朝と夜の2回するのは止めたほうがよいです。

 

 

シャンプーの二度洗いのページでも紹介しているのですが、
皮脂の取りすぎは乾燥や過剰分泌を起こしてしまうため
頭皮にとっては良くありません。

 

 

また、頭皮に必要な皮脂を残し、不要な皮脂を取り除くサイクルは
24時間がベストだといわれています。

 

 

ですので、1日1回の洗髪が頭皮環境にとって良いのです。

 

 

 

 

シャンプーは夜と朝のどちらがいいのか?

 

朝シャンという言葉が定着して久しいですが、
シャンプーは朝よりも夜にしたほうがいいのです。

 

 

あなたはゴールデンタイムという言葉を
聞いたことがありませんか?

 

 

ゴールデンタイムというのは
夜22時〜深夜2時までの4時間のことを差しています。

 

 

この時間は成長ホルモンが分泌されやすく
肌や髪の成長や再生によいといわれています。

 

 

この時間の前までに洗髪をして頭皮や毛穴を綺麗にしておくことで
髪の成長や再生に効果があるのです。

 

 

合わせて頭皮マッサージをして血行を促進しておくと
成長ホルモンが毛根まで届きやすくもなります。

 

 

ちなみに成長ホルモンは睡眠時に活発に分泌されるので
できればこの時間帯は寝ておく方がより効果的です。

 

 

 

 

夜の方が頭皮トラブルを予防できる

 

仕事を終えてからのお風呂タイムは
1日の疲れを取る大切な時間です。

 

 

夜の方が時間的な余裕があるので
お風呂でリラックするできることは当然ながら
シャンプーをするのも時間をかけて丁寧に行えます。

 

 

とくにすすぎは時間をかけて行う必要があり
すすぎ残しがあるとかゆみなどの
頭皮トラブルを起こす原因にもなります。

 

 

洗う以上に時間をかけてすすがないと
シャンプーが残ってしまうので
朝のあわただしい時間帯のシャンプーはおすすめできません。

 

 

 

 

夜シャンプーをして翌朝ベタつきを感じるとき

 

朝シャン派の中には夜シャンプーをしても翌朝になると
頭がベタベタしているから朝頭を洗うという人もいます。

 

 

この場合は、シャンプーをする時間よりも
頭皮の汚れを落としきれていない可能性が高いです。

 

 

頭皮マッサージをして皮脂汚れを浮かしてから
シャンプーをすると汚れを落としやすくなります。

 

 

すすぎをしっかりして、不要な皮脂を落としておくと
翌朝のベタベタが改善されます。