シャンプーのいい匂いを持続させる方法!

シャンプーのいい匂い(香り)をできるだけ長く
持続させたいと思いませんか?

 

 

友達が夕方になってもいい匂いをさせているのに
自分はちっとも匂わないのはなぜ?と不思議になる事もあります。

 

 

同じ環境でも持続の違いが現れる理由を紹介します。

 

 

1日に何度もシャンプーするのは逆効果

 

頭皮や髪にシャンプーの匂いを付けたいからといって
1日に何度も頭を洗う人がいますが逆効果です。

 

 

シャンプーを何度もする事で頭皮を保護する皮脂まで取り除き、
頭皮を傷つけることになりかねません。

 

 

頭皮が傷ついてしまうとそこに細菌が繁殖して臭いを発生させるため
シャンプーの香りをさせるどころか、クサイ臭いを発することになります。

 

 

また、洗いすぎによって皮脂の過剰分泌になることもあります。

 

 

皮脂が酸化する際に発する臭いは決していい匂いとはいえません。

 

 

洗浄力のあまり強くないシャンプーをつかい
頭皮環境を乱さないことが不快な臭いを発生させないコツです。

 

 

 

髪につく臭いを軽減させる

 

毛髪は臭いが吸着しやすい部位です。

 

 

タバコや排気ガス、レストランや居酒屋など、
強い臭いはすぐに髪についてしまいます。

 

 

キューティクルが剥がれていると臭いが付きやすくなるため、
ダメージヘアのケアをしてキューティクルを閉じる事で
臭いの付きやすさを軽減できます。

 

 

 

正しいシャンプーとケアの方法

 

頭皮を清潔に保ち正しいケアを行えば匂いの持続は良くなります。

 

 

1.シャンプーの前にしっかりと髪・頭皮を濡らす
2.手のひらでシャンプーを泡立ててから頭皮に乗せる
3.指でマッサージしながら頭皮を洗う
4.すすぎをしっかりと行う
5.流さないトリートメントで保護・保湿する
6.ドライヤー(温風・冷風)で乾かしキューティクルを閉じる

 

 

シャンプーの匂いをつけるための洗い方ではなく、
頭皮や髪を正しく洗うことが大事なのです。

 

 

いい香りがする人としない人の違いは
頭皮を正しく洗えているかどうか、
頭皮環境が乱れているかいないかという点です。

 

 

正しいシャンプーを行えば匂いの持ちは良くなります。

 

 

 

 

夕方までシャンプーの匂いが持続しないとき

 

正しいシャンプーの仕方をしても、
汗の出方や周りの臭い環境によっては
夕方までシャンプーの匂いが続かないこともあります。

 

 

その時には一時的な頭皮・髪のにおい対策として
ヘアフレグランスが便利です。

 

 

スプレーで頭皮に吹きかけて頭全体に広げるだけなので
簡単ににおいを良くできます。

 

 

頭皮の臭い対策はこちら