シャンプーしてもフケが止まらない時の原因と対策

毎日シャンプーしているのに急にフケが増えたと感じることがありませんか?

 

 

フケは髪に絡まっていたり、いつの間にか肩が白くなっていることがあり、
見た目が汚いので早めに出ないようにしたいものです。

 

 

ただ、フケは不潔にしているから増えるというものではありません。

 

 

原因はひとつではないので、あなたのフケが出ている原因を知って、
適切な対処をすることがフケ予防になります。

 

 

 

 

キレイに頭皮を洗ってもフケの出る原因

 

フケがでる原因は、大きく分けると
乾性フケ
脂性フケ
の2種類があります。

 

原因は全く異なるため、
シャンプーを変えれば改善するというような単純なものではありません。

 

 

それでは、それぞれの原因と対処法を説明します。

 

 

 

 

乾性フケの原因と対策

 

頭皮が乾燥していることによりフケが増える症状です。

 

 

乾性フケは髪や頭皮への直接的なダメージによって症状が出ます。

 

 

例えば、洗浄力の強いシャンプーを使ったり
頻繁にパーマを当てるなどの刺激やダメージが原因となっています。

 

 

ですので、シャンプーを洗浄力の弱いタイプに替えて、
指の腹で頭皮をマッサージしながら汚れを落とすようにすると、
頭皮への刺激が弱まり症状は改善します。

 

 

 

 

脂性フケの原因と対策

 

脂性フケの場合は乾性フケとは逆に湿り気のあるフケです。

 

 

これは、頭皮から出る皮脂の分泌が過剰になることで出る症状です。

 

 

頭にベタつきを感じる場合はこちらに該当します。

 

 

睡眠不足や食生活の乱れなどの
生活習慣の変化によって引き起こされます。

 

 

また、頭皮の汚れが原因となっている場合もあるため、
シャンプーは抗菌作用のあるものがより良いです。

 

 

また、夜更かしを減らし早めに布団に入るとか、
栄養バランスを見直して食事をするなどの生活習慣の改善も大事です。

 

 

 

 

頭皮の洗いすぎは逆効果

 

フケが出ないようにと爪を立ててガシガシ洗うのは大間違いです。

 

 

頭皮汚れが原因のフケであっても、
もし爪で頭皮を傷付けてしまうと炎症して余計にフケがでるという事もあります。