朝べたつく髪の原因は頭皮環境にあり!朝シャンするのは逆効果

朝起きると頭皮がベタベタする…
髪がベタついて朝のセットが大変…

 

 

毎朝このような状態の人は
朝シャンをして対処している人が多いです。

 

 

ただ、その朝シャンが髪のベタつきを
促していることに気づいてください。

 

 

 

 

朝起きた時に髪がべたつく原因

 

朝起きた時に髪がべたつくのは、
寝ている間に分泌された皮脂が原因です。

 

 

髪が成長するのは夜の22時〜深夜2時までといわれており、
ゴールデンタイムとも呼ばれます。

 

 

この時には頭皮を守るための皮脂も分泌されます。

 

 

この皮脂が頭皮や髪にまとわり付いて、ベタベタになるのです。

 

 

という事は、朝シャンでキレイに皮脂を落としてしまえばいいのでは?
と思うかもしれませんが、逆効果となります。

 

 

 

 

朝シャンが逆効果となる理由

 

こちらの記事でも書いていますが、
1日2回のシャンプーは良い事ではありません。

 

 

夜の間に作られた皮脂は昼間の頭皮を守るために必要なものなのです。

 

 

朝シャンで皮脂(べたつき)を取ってしまうと、
頭皮がダメージを受けやすくなってしまうのです。

 

 

また、必要な皮脂がないことで頭皮が異常事態だと判断して
余計に皮脂の分泌を行ってしまいます。

 

 

夕方にベタつきを感じる人は、朝シャン後に
皮脂が過剰分泌されるのが原因となっているのです。

 

 

ですので、朝シャン自体が髪や頭皮環境にとって良くないことなのです。

 

 

 

 

夜のシャンプーのやり方が問題

 

お風呂やシャワーで頭皮・髪を洗うときのシャンプーの仕方が悪いと、
皮脂の分泌量が増えてしまうので朝のべたつきにつながってしまいます。

 

 

夜のシャンプーのやり方次第で皮脂の分泌量をある程度減らす事が出来るので、
正しいシャンプーのやり方を身に付けてください。

 

 

それは、「皮脂を取り過ぎないこと」です。

 

 

皮脂を根こそぎ取り除いてしまうと、
夜の間に過剰に皮脂が分泌されるため、
翌朝のベタベタがひどくなります。

 

 

シャンプーをしっかりと泡立てて
指の腹でマッサージしながら頭皮を洗うようにすると良いです。

 

 

また、洗浄力の強いシャンプーを使っているなら、
アミノ酸系シャンプーなどの低刺激のタイプを使うと
必要な皮脂を頭皮に残せるため、皮脂の分泌量が抑えられます。