縮毛矯正 やめたい

縮毛矯正やめたい

 

縮毛矯正をやめたい、でもやめられない・・

 

 

こんなジレンマに陥っていませんか?

 

 

縮毛矯正はどんなくせ毛でも半永久的にストレートヘアにできる反面、
一度やるとやめるタイミングが見つからなくなりますからね。

 

 

実際に縮毛矯正をやめたいけれどやめられないという人は少なくありません。

 

 

美容師さんに相談してみると、たいてい出てくるのはこんな言葉ではないでしょうか?

 

 

「クセを活かしたスタイルにしましょう。」

 

 

でも、そのクセが嫌だから縮毛矯正をかけていたはずですよね。

 

 

実はクセを活かすことでしか縮毛矯正をやめることはできないかというと、
実はそんなことはないんです。

 

 

くせ毛を治すことはできなくても、
くせの目立たない自然でしなやかな髪の毛にすることは十分可能です。

 

 

それも、毎日しているシャンプーのやり方を見直すだけという手軽さで。

 

 

 

 

縮毛矯正に頼らずともクセを抑えられるワケ

縮毛矯正に頼らない

 

 

くせ毛の原因には先天的・後天的の二つの原因があります。

 

 

クセ毛を抑えられるという理由は、
それぞれの原因に対する対処をすることでクセが抑制できるからです。

 

 

 

先天的な遺伝によるくせ毛の原因

 

親がくせ毛の場合、子供に遺伝する確率は50%といわれています。

 

 

遺伝によって引き継がれるのは、

 

 

・毛根の形がいびつ
・髪の毛の成分バランスがよくない
・髪の毛の内部の水分量が足りない

 

 

ということが挙げられます。

 

 

 

後天的な原因によるくせ毛の原因

 

年齢とともに髪がうねるようになったとか
ロングからショートにしたらクセ毛が目立つようになった、などの場合は
「加齢による体質の変化」 「生活習慣の乱れ」や「髪のケア間違い」からくるものです。

 

 

具体的な原因としては、

 

 

・毛穴のつまり
・髪の栄養、潤い不足
・ホルモンバランスの乱れ
・縮毛矯正やパーマなどの薬剤ダメージ

 

 

などがあります。

 

 

先天的な原因の「毛穴の形がいびつ」なことや、
後天的な原因のうち年齢とともに起こる
「ホルモンバランスの乱れ」はどうしようもない部分ではあります。

 

 

ですが、そのほかの部分の
「髪の毛の成分バランスや水分量の不足」や「毛穴のつまり」などは、
毎日行っているシャンプーの見直しをすることで髪をしなやかにすることができます。

 

 

髪の毛がしなやかになり髪型を保持することができるようになります。

 

 

 

 

ほとんど全ての人は正しいシャンプーができていない

正しいシャンプー

 

髪のクセに困っているなら、シャンプーのやり方の見直しは必ず行うべきです。

 

 

シャンプーのやり方ひとつで髪にくせが付きやすくなったり、
逆にしなやかな髪の毛にすることができるからです。

 

 

「えっ?そんなことで?」と思うかもしれませんが、
正しいシャンプーができている人は意外と少ないです。

 

 

 

 

髪のくせ毛に悩む人が気を付けるべきシャンプーのやり方

 

 

くせ毛に悩む人はシャンプーをおろそかにしてはいけません。

 

 

正しいシャンプーは以下の通りです。

 

 

1.予洗いをしっかりとする

 

2.シャンプーで頭皮を洗う

 

3.すすぎ残しのないようにしっかりと洗い流す

 

4.トリートメントは頭皮につけない

 

 

 

「なんだ、普通じゃん」と思ったとしても、次の4項目を読んでみてください。

 

 

出来ていないことが結構あるはずですよ。

 

 

シャワー

 

 

1.予洗いをしっかりとする

 

 

シャンプー前の予洗いは髪全体が濡れたらOK
としている人が多いですが、それでは不十分です。

 

 

予洗いはくせ毛の原因となる
毛穴のつまりを取り除きやすくする大事な工程です。

 

 

毛穴のつまりはシャンプーで取り除くものと思っているかもしれませんが、
予洗いで落としやすくしておくことが大切です。

 

 

予洗いをしっかり行っておけば低刺激のシャンプーでも
不要な皮脂汚れやつまりを取り除きやすくできます。

 

 

また、頭皮が固いとクセは強くなるため、
予洗いの間は指全体を使って頭皮マッサージを行い頭皮を柔らかくしておきましょう。

 

 

くせの目立たない自然でしなやかな髪にするための基礎となる工程ですので意識して行ってください。

 

 

予洗いのポイント
・ぬるま湯(35℃〜38℃)で予洗いする
・指全体で頭皮をもむ
・最低でも4〜5分は行う

 

 

 

2.シャンプーで頭皮を洗う

 

 

シャンプーは髪を洗うものではなく頭皮を洗うためのものです。

 

 

髪についた汚れは予洗いでだいたい落ちてしまうので、
シャンプーでは予洗いで浮かせておいた
毛穴のつまりや余分な皮脂汚れを取り除くようにします。

 

 

シャンプーは手のひらで泡立ててから頭皮に乗せ、
指の腹を使ってもむように洗います。

 

 

ゴシゴシ洗ったほうがきれいになるような気がしますが、
頭皮をダメージから守り潤いを保つための皮脂まで取り除いてしまう危険性があります。

 

 

頭皮を正しい状態にすることが髪の健康につながりますので、
必ず頭皮をやさしく洗うようにしないといけません。

 

 

シャンプーのポイント
・シャンプーは泡立ててから頭皮に乗せる
・髪をゴシゴシ洗わない
・髪は泡でくるんで汚れを落とす
・爪を立てない

 

 

 

3.すすぎ残しのないようにしっかりと洗い流す

 

 

すすぎはしっかりと行う必要があります。

 

 

髪についたシャンプーは短時間のすすぎでも洗い流せますが、
実は頭皮にはシャンプーや汚れがかなり残っています。

 

 

すすぎの時間が短いと頭皮にシャンプーや不要な皮脂汚れが残ってしまい、
雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

 

 

頭皮環境が不健康になると髪の健康状態が悪くなりクセを強めてしまいます。

 

 

髪だけでなく頭皮や毛穴まで必ず5分以上かけてしっかりとすすぎ、
シャンプー・汚れを落とし切ってしまいましょう。

 

 

すすぎのポイント
・ぬるま湯(35℃〜38℃)ですすぎを行う
・必ず5分以上かけてしっかりと洗い流す

 

 

 

4.トリートメントは頭皮につけない

 

 

トリートメントは髪をコーティングし、
水分を保持することが目的です。

 

 

あくまでも髪の毛自体を保護するものなので、
シャンプーとは違い頭皮にはつけてはいけません。

 

 

髪の長さに応じて適量をなじませ、
数分そのまま放置させます。

 

 

その後すすぎを行いますが、
流し残しのないようにしっかりとすすぐ必要があります。

 

 

髪の保護のためサッとしか流さない人がいますが、
不要なトリートメントは流し切らないと髪にとって汚れになります。

 

 

髪になじませた時点で必要な量はコーティングしてくれるので、
余分なトリートメントをしっかりと流し切ることが大事です。

 

 

トリートメントのポイント
・トリートメントは髪の栄養ではない
・トリートメントの洗い残しは汚れの元

 

 

いかがでしたか?

 

 

やっているつもりでも出来ていないことが意外と多かったのではないでしょうか?

 

 

正しいシャンプーをしないと、
毛穴の汚れが落ち切れなかったり頭皮にストレスがかかったりしてしまいます。

 

 

 

 

正しいシャンプーのやり方で頭皮を清浄にすることが大事

正しいシャンプーが分かった

 

縮毛矯正はどんなに強いくせ毛でも
まっすぐストレートにできるメリットがあります。

 

 

しかし、それだけ強い薬剤を使っているので
髪の痛みが激しいのはあなたもご存じのとおりです。

 

 

縮毛矯正を繰り返した髪はダメージが蓄積され
パサパサに乾燥した髪質になりますが、
一番のデメリットは縮毛矯正はずっとやり続けないといけない点です。

 

 

シャンプーのやり方を変えても即ストレートになるものではありませんが、
毎日続けることで頭皮や髪の毛をすこやかに保てるようになります。

 

 

とはいえ、やはりすぐに効果があるわけではないので、
鏡の前でくせ毛を見るたびに「やっぱり縮毛矯正するべきかも」と思ってしまうかもしれません。

 

 

そんな時はお助けアイテムとして
くせ毛をきれいにまとめるトリートメントを使ってみるのも一つの手です。

 

 

 

 

くせ毛・うねりを1分でストレートにまとめるトリートメント

 

縮毛矯正トリートメント

 

 

くせ毛用のスタイリング剤はいろいろと出ていますが、
安価なものは逆に髪の毛がクルクルしてしまったりパサつきが出てしまうことがあります。

 

 

これはストレートをキープさせることを目的としていて
髪に潤いを与えることができないからです。

 

 

1日持たないどころか、半日持たないこともあります。

 

 

こんな経験があるなら、
わずか1分で髪の爆発を抑えられる縮毛トリートメント
シュクルンを試してみるといいかもしれません。

 

 

シュクルンは2種類のヒアルロン酸を配合しているため、
髪になじませてブローすると潤いに満ちた自然なストレートに仕上がります。

 

 

髪になじませるだけ

 

 

1日90円弱で使用できる手軽さですが、
いくらいいものでもあなたの髪質に合うかどうかは使ってみないとわかりませんよね。

 

 

そこでシュクルンでは、まずは試してもらうために
30日間の全額返金保証を付けています。

 

 

あなたも「試してみて良かったら続けてみようかなー」とは考えていないでしょうか?

 

 

もしそう思っているなら、万が一あわないときに
返金してもらえるキャンペーンを利用しない手はないと思いますよ。

 

 

縮毛矯正をやめたいと考えているなら、この機会に試してみてはいかがですか?

 

 

全額返金保証でお試し

 

 

 

関連ページ

髪の傷みを防ぐ!失敗しないくせ毛の伸ばし方
髪がパサパサになる原因と対策|パサつく問題がここにある!
見過ごさないで!髪が絡まるのはキューティクルの傷みが原因!
流さないトリートメントの効果と使い方
くせ毛でも広がらないドライヤーの使い方
梅雨にも負けない!湿気の多い雨の日のくせ毛対策
使い方間違っていない?ヘアオイルとヘアクリームの違いとは
もう悩まない!クセ毛を活かす髪型
そんな事が理由なの?枝毛が増える原因と対策
髪が切れやすくなったと感じたら!切れ毛の原因と対処法
寝癖がつかない寝方と超簡単な直し方
短時間で出来る!朝の髪のセット方法
ダメージを最小限に!髪が傷むのを防ぐ正しいヘアアイロンの使い方
ストレートパーマを長持ちさせる4つのポイント
頑固なくせ毛でもOK!縮毛矯正を長持ちさせる2の方法
縮毛矯正で失敗しないために普段から気をつけておくべき事
くせ毛でも扱いやすいボブのお手入れ方法
前髪のくせ毛を活かすアレンジ術
自宅での縮毛矯正をおすすめ出来ない理由
加齢によって出てくる髪の毛のうねりの原因と対処法
パーマの失敗でチリチリになってしまったら!ダメージ補修が先決!
肩はねの直し方|お出かけ前の1分でカンタンにまとめる方法を紹介
【まとめ】縮毛矯正やパーマをあてずに髪をストレートにする方法
くせ毛を生かすワックスの上手な付け方
くせ毛の救世主!縮毛矯正・ストパーとは違うヘアチューニングとは?
椿油は髪に効果があるの?パサついて潤いを感じられないときの原因
シャンプーで抑えられないうねりに!ホホバオイルで髪パック
シャンプーでくせ毛は直る?シャンプーを選ぶ時のおすすめポイント
CMのイメージだけで選ばない!ダメージヘアにおすすめのシャンプー
髪のダメージケアにはリンスとトリートメントのどちらを使うべき?
ドライヤーの熱はダメージの元!髪に負担の少ないドライヤーの使い方
ヘアオイルで髪のダメージケア|トリートメントとの違いは?
静電気で広がる髪を予防するには!髪への影響と対策
髪のごわつきはシャンプーが原因?広がる髪をまとまりやすい髪質へ
手軽でカンタン!伸ばしかけのかわいい前髪アレンジ術
なりたいヘアスタイルが自由自在!ヘアアイロンの上手な使い方
キューティクルの破壊にご用心!ごわつくくせ毛の原因と対処法
思春期でホルモンバランスが崩れるとくせ毛になるって本当?
スルッとまとまる髪へ!パサパサで広がる髪の改善ポイント
放置はダメ!ヘアアイロンしてもすぐに戻るのは髪ダメージ蓄積のサイン
髪のうねりの直し方|美容師だけが知っているクセを抑えるコツ