前髪のくせ毛を活かすアレンジ術

前髪のクセに負けない!雨の日でもうねらない前髪のセットの仕方

髪がうねる原因は髪の乾燥にあります。

 

髪が乾燥しているところに水分(湿気)を吸収してしまい、髪に含まれる水分量が不均一になることでうねりが発生するのです。

 

ですので、まず大事な事は髪の奥に水分を閉じ込めておくことです。

 

ただし、間違っても自然乾燥なんてさせないでください。

 

髪が濡れている状態というのはキューティクルが開いているので髪が無防備な状態です。

 

その時に、摩擦などの刺激が加わると髪がダメージを受けてしまいます。

 

ですので、トライヤーでブローするのは必須となります。

 

しかし、ドライヤーでカラカラに乾かすのも良くありません。

 

大切なのは髪の奥に水分を残しておくことです。

 

ドライヤーの温風である程度を乾かしたら、あとは冷風に切り替えて芯に水分を残しつつキューティクルを閉じて行きます。

 

また、ドライヤーをかけるときは、髪の根元から毛先に向けて当てて行きます。

 

風の勢いを逃がせるようにしておくと、くせが出にくくなります。

 

 

前髪のくせを出さずに1日持たせる方法

 

もし、前日にケアした前髪にくせが出ていたら、まずは前髪の根元をしっかりと濡らします。

 

そして、癖の出た前髪をクシで引っ張りながら伸ばして乾かすだけです。

 

このときにも温風で乾かしたあと、仕上げに冷風をあててセットします。

 

髪をカラカラに乾かすのではなく、水分を残しておくことが大事です。

 

髪に水分が保持されている状態にしておくと、雨の日や梅雨のときでも湿気ではねるという事が少なくなります。

 

 

あえて前髪のクセを活かすのもあり

 

前髪のうねりがひどいなら、前髪を編みこんでピンで留めてしまうというのもありです。

 

湿気を気にしなくて良くなりますし、何より前髪がチャームポイントになってとても可愛らしくなります。

 

思うように前髪が伸ばせないときにはアレンジとして使うのはありですね。

関連ページ

髪の傷みを防ぐ!失敗しないくせ毛の伸ばし方
髪がパサパサになる原因と対策|パサつく問題がここにある!
見過ごさないで!髪が絡まるのはキューティクルの傷みが原因!
流さないトリートメントの効果と使い方
くせ毛でも広がらないドライヤーの使い方
梅雨にも負けない!湿気の多い雨の日のくせ毛対策
使い方間違っていない?ヘアオイルとヘアクリームの違いとは
もう悩まない!クセ毛を活かす髪型
そんな事が理由なの?枝毛が増える原因と対策
髪が切れやすくなったと感じたら!切れ毛の原因と対処法
寝癖がつかない寝方と超簡単な直し方
短時間で出来る!朝の髪のセット方法
ダメージを最小限に!髪が傷むのを防ぐ正しいヘアアイロンの使い方
ストレートパーマを長持ちさせる4つのポイント
頑固なくせ毛でもOK!縮毛矯正を長持ちさせる2の方法
縮毛矯正で失敗しないために普段から気をつけておくべき事
くせ毛でも扱いやすいボブのお手入れ方法
自宅での縮毛矯正をおすすめ出来ない理由
加齢によって出てくる髪の毛のうねりの原因と対処法
パーマの失敗でチリチリになってしまったら!ダメージ補修が先決!
肩はねの直し方|お出かけ前の1分でカンタンにまとめる方法を紹介
【まとめ】縮毛矯正やパーマをあてずに髪をストレートにする方法
くせ毛を生かすワックスの上手な付け方
くせ毛の救世主!縮毛矯正・ストパーとは違うヘアチューニングとは?
椿油は髪に効果があるの?パサついて潤いを感じられないときの原因
シャンプーで抑えられないうねりに!ホホバオイルで髪パック
シャンプーでくせ毛は直る?シャンプーを選ぶ時のおすすめポイント
CMのイメージだけで選ばない!ダメージヘアにおすすめのシャンプー
髪のダメージケアにはリンスとトリートメントのどちらを使うべき?
ドライヤーの熱はダメージの元!髪に負担の少ないドライヤーの使い方
ヘアオイルで髪のダメージケア|トリートメントとの違いは?
静電気で広がる髪を予防するには!髪への影響と対策
髪のごわつきはシャンプーが原因?広がる髪をまとまりやすい髪質へ
手軽でカンタン!伸ばしかけのかわいい前髪アレンジ術
なりたいヘアスタイルが自由自在!ヘアアイロンの上手な使い方
キューティクルの破壊にご用心!ごわつくくせ毛の原因と対処法
思春期でホルモンバランスが崩れるとくせ毛になるって本当?
スルッとまとまる髪へ!パサパサで広がる髪の改善ポイント
放置はダメ!ヘアアイロンしてもすぐに戻るのは髪ダメージ蓄積のサイン
髪のうねりの直し方|美容師だけが知っているクセを抑えるコツ
縮毛矯正をやめたいのにやめられない方必見!ジレンマから解放されるシャンプーのやり方