肩はね 直し方

肩はね

 

 

中途半端な長さの「肩はね」は何とか抑えたいですよね?

 

 

毎朝のスタイリングも手間がかかって面倒なのではないでしょうか。

 

 

かといって縮毛矯正やストレートパーマをかけるのは、
髪へのダメージを考える控えたいもの。

 

 

そこで、イライラしてしまう肩はねをカンタンに抑える方法を紹介します。

 

 

 

 

お出かけ前に肩はねを落ち着かせる方法

肩はね

 

肩はねを直すにはドライヤー前に髪を濡らすことが大事です。

 

 

「いつもやってるよ」と思っているかもしれませんが、
根元をしっかりと濡らしているでしょうか?

 

 

ハネやうねりを抑えるには毛先ではなく根元からの修正が重要です。

 

 

朝シャンができればベストですが、霧吹きで吹きかけるだけでも十分です。

 

 

乾かすときには、顔の方に引っ張りながらドライヤーを当てますが、
ポイントとしては必ず 「ハネる方の反対側に引っ張りながら 乾かす」ことに気をつけてください。

 

 

顔の前に引っ張るだけだと、
外にはねようとする髪に対しての抑えが不足するからです。

 

 

また、髪が乾燥しきってしまうとハネの原因となってしまうので、
最後まで温風で乾かしきるのは禁物です。

 

 

髪の芯に水分を保持させることでしっとりとまとまる髪を保持できます。

 

 

最後は温風ではなく冷風で髪の表面を冷ましながら
キューティクルをしっかり閉じる
ようにしてください。

 

 

温風で6〜7割くらい乾いたら、冷風に切り替えるようにしましょう。

 

 

 

【肩はねを抑える方法まとめ】
@髪の根元をしっかり濡らす
A髪をハネと反対方向に引っ張りながらドライヤーを当てる
B6〜7割乾いたら冷風に切り替える

 

 

朝の忙しい時間帯はバタバタしているため、
ついハネている箇所だけを重点的にやってしまいがちです。

 

 

根元を濡らしていないことが原因でまとまりにくくなっていることを認識して、
髪の根元までしっかり濡らすことを心がけてください。

 

 

ちゃんと根元を気をつけてやれば、数分で髪が落ち着いてくれますよ。

 

 

もしここまできちんとやっているのに肩はねが直らないのなら
髪の水分量がかなり足りない状態の可能性があります。

 

 

特にくせのつきやすい髪はキューティクルがはがれやすく、
乾燥しやすい状態になっています。

 

 

しっかりと根元から髪を濡らしているとしても、
キューティクルの隙間からどんどん水分が抜けていっているのです。

 

 

そのような時は、保湿性能に優れたスタイリング剤を使うようにしてみてください。

 

 

 

 

バクハツしている髪でも1分でまとめる潤いスタイリング剤

 

髪バクハツ

 

根元から水分を与えて肩はねの直し方をしても抑えられない場合は、
髪に潤いを与える必要があります。

 

 

通常のスタイリング剤はクセを直すことだけを目的としているので、

 

 

・潤いを与えて保湿成分に優れている
・髪をコーティングして水分を逃がさない

 

 

これらの項目を満たしているスタイリング剤をつかわないと
ハネを抑えるのは難しいです。

 

 

一時的なストレートにしかならず、
時間がたつとはねが復活してしまうのは上記が足りないからです。

 

 

そのようなことにならないためには
潤い成分たっぷりのスタイリング剤【シュクルン】がおすすめです。

 

 

髪ストレート

 

 

 

シュクルンは、

 

 

・保湿効果の高いヒアルロン酸を2種類配合
・髪を保湿してコーティングするので水分が逃げにくい
・コーティングで髪へのダメージが少ない

 

 

という特徴があり、濡れた髪になじませてブローするだけで
わずか1分で直毛ストレートになります。

 

 

ただ、これまでの経験から「使ってみないと分からない」
というのが本音ではないでしょうか?

 

 

使用前の不安は誰にでもあるもの。

 

 

そのためシュクルンでは万が一気に入らなかった時のために
全額返金保証がついています。

 

 

 

シュクルン使い方

 

 

 

お試しで使ってみることができるのが他にはないおすすめポイントです。

 

 

毎朝のスタイリングでイライラしているなら
一度お試ししてみる価値はあると思いますよ。

 

 

シュクルンお試し

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

髪の傷みを防ぐ!失敗しないくせ毛の伸ばし方
髪がパサパサになる原因と対策|パサつく問題がここにある!
見過ごさないで!髪が絡まるのはキューティクルの傷みが原因!
流さないトリートメントの効果と使い方
くせ毛でも広がらないドライヤーの使い方
梅雨にも負けない!湿気の多い雨の日のくせ毛対策
使い方間違っていない?ヘアオイルとヘアクリームの違いとは
もう悩まない!クセ毛を活かす髪型
そんな事が理由なの?枝毛が増える原因と対策
髪が切れやすくなったと感じたら!切れ毛の原因と対処法
寝癖がつかない寝方と超簡単な直し方
短時間で出来る!朝の髪のセット方法
ダメージを最小限に!髪が傷むのを防ぐ正しいヘアアイロンの使い方
ストレートパーマを長持ちさせる4つのポイント
頑固なくせ毛でもOK!縮毛矯正を長持ちさせる2の方法
縮毛矯正で失敗しないために普段から気をつけておくべき事
くせ毛でも扱いやすいボブのお手入れ方法
前髪のくせ毛を活かすアレンジ術
自宅での縮毛矯正をおすすめ出来ない理由
加齢によって出てくる髪の毛のうねりの原因と対処法
パーマの失敗でチリチリになってしまったら!ダメージ補修が先決!
【まとめ】縮毛矯正やパーマをあてずに髪をストレートにする方法
くせ毛を生かすワックスの上手な付け方
くせ毛の救世主!縮毛矯正・ストパーとは違うヘアチューニングとは?
椿油は髪に効果があるの?パサついて潤いを感じられないときの原因
シャンプーで抑えられないうねりに!ホホバオイルで髪パック
シャンプーでくせ毛は直る?シャンプーを選ぶ時のおすすめポイント
CMのイメージだけで選ばない!ダメージヘアにおすすめのシャンプー
髪のダメージケアにはリンスとトリートメントのどちらを使うべき?
ドライヤーの熱はダメージの元!髪に負担の少ないドライヤーの使い方
ヘアオイルで髪のダメージケア|トリートメントとの違いは?
静電気で広がる髪を予防するには!髪への影響と対策
髪のごわつきはシャンプーが原因?広がる髪をまとまりやすい髪質へ
手軽でカンタン!伸ばしかけのかわいい前髪アレンジ術
なりたいヘアスタイルが自由自在!ヘアアイロンの上手な使い方
キューティクルの破壊にご用心!ごわつくくせ毛の原因と対処法
思春期でホルモンバランスが崩れるとくせ毛になるって本当?
スルッとまとまる髪へ!パサパサで広がる髪の改善ポイント
放置はダメ!ヘアアイロンしてもすぐに戻るのは髪ダメージ蓄積のサイン
髪のうねりの直し方|美容師だけが知っているクセを抑えるコツ
縮毛矯正をやめたいのにやめられない方必見!ジレンマから解放されるシャンプーのやり方