忙しい朝に限ってできる寝ぐせのカンタンな直し方【3ステップ】

 

朝起きたら寝ぐせで髪がウネウネしている、
しかもなかなか直らない…、

 

 

忙しい朝に限って寝ぐせはできるものです。

 

 

しかも、かなり強くクセがついているので
すぐに直せずにイライラしてしまいますよね?

 

 

そこで、寝ぐせをパパッと直して朝のセットが素早くできれば、
忙しい時間を有効に使うことができるようになります。

 

 

 

寝ぐせを簡単に直す3ステップ

 

寝ぐせの原因は毛先ではなく根元にあるので
毛先の出来た部分だけを集中的に直そうとしてもダメです。

 

 

寝ぐせのできている部分だけ濡らしても
原因となっている根元がそのままだとうねりやハネは取れないのです。

 

 

1.髪の生え際までしっかりと濡らす
2.濡らしてから数分は濡れたままにしておく
3.毛束を伸ばしながら乾かす

 

ことがポイントです。

 

 

濡らす時に水ではなくお湯で濡らす方が
すばやく寝ぐせを直せます。

 

 

もし時間的に余裕があるのであれば、
寝ぐせの付いた部分だけでなく髪全体を濡らせば完璧です。

 

 

しっかりと湿らせた髪をタオルで軽く水分を取ってから
毛束を掴んで伸ばしながら乾かすと簡単に寝ぐせが治せます。

 

 

乾かすときもしっかりと髪を伸ばしながら
根本から毛先に向かってドライヤーを当てて行きます。

 

 

 

 

寝ぐせは何故出来る?

 

髪の毛が濡れている状態から水分が飛び、
乾燥するときに形を記憶して残ってしまうのが
くせ毛になる原因です。

 

 

難しい言い方をすれば
髪の毛のタンパク質の水素結合によって
乾燥して固まってしまうのです。

 

 

髪を乾かさずに寝てしまった翌朝の寝ぐせはヒドイですよね?

 

 

寝ている間に髪は自然乾燥するので
頭と枕で挟まれて曲がった状態で形状記憶して
ひどい寝ぐせとなるのです。

 

 

 

 

原因を解決すれば寝ぐせが出来にくくなる

 

髪が濡れたままで寝ずに乾かしてから寝れば
単純に寝ぐせは出来にくくなります。

 

 

自然乾燥は寝ぐせだけではなく、
髪がダメージを受けやすくなるので
しっかりと乾かしてから寝るようにすると寝ぐせは出来にくくなります。

 

 

しかし、髪をカラカラに乾かすのは
逆効果となることもあるのです。

 

 

髪が乾燥しきっているということは
髪の内部に水分がない状態です。

 

 

その状態だと空気中に含まれる水分を髪が吸収しやすくなります。

 

 

髪が外部からの水分を吸収するとうねりが発生します。
(雨の日など湿気の多い日にうねるのと同じ現象)

 

 

そのうねりの出た状態で髪の水分が蒸発すると
うねりを持ったまま乾燥してしまいます。

 

 

しっかりと髪を乾かして寝たはずなのに
寝ぐせが出来てしまうのはこのような原理からです。

 

 

この不要な水分吸収を減らすには
髪の内部に水分を保持することが大事なのです。

 

 

しかし洗浄力の強いシャンプーでは髪や頭皮を痛めてしまい、
髪が水分を失ってしまいやすい状態となってしまいます。

 

 

髪の内部に潤いを持たせる事で睡眠中に余計な水分を髪が吸収せず
寝ぐせのできにくい髪質を保つことが出来ます。

 

 

保湿成分を持ったシャンプーを使う事で
寝ぐせは出来にくくなりますし
もし出来ても修正しやすい程度の寝ぐせになります。

 

 

ただ、髪を保湿するには
シャンプーで髪に潤いを与える必要があります。

 

 

薬用ヘアソープ「クィーンズバスルーム」は
髪から水分を奪うのではなく潤いを与えるシャンプーとして
くせ毛やうねりに悩む人を沢山喜びに変えています。

 

 

累計で110,000本以上が売れているのは
何よりの証拠でしょう。

 

 

とはいっても100%の人が満足できるシャンプーなんて
存在しません。

 

 

ですので、まずはお試しセットで髪質に合うかどうか、
寝ぐせが改善できるかどうかを確認してみる方がいいでしょう。

 

 

トライアルセットは5日分あるため
試して実感するには十分です。

 

 

▼詳しくはこちら▼
QUEEN'S BATHROOM 薬用ヘアケアお試しサンプルセット【クイーンズバスルーム】

 

 

関連ページ

プリン頭のリタッチ|全体を染め直すべき?根元だけ染めるべき?
お肌だけでは不十分!髪と頭皮の紫外線予防のコツ
シャンプー難民のあなたに!美容室専用ヘア用品を通販で購入するには
シャンプーはイメージで選ぶな!3種類のシャンプーの特徴と違い
パーマがかかりにくい原因と対策
なぜ?冬でもないのにトリートメントしても静電気が防げない原因
トリートメントは洗い流す?洗い流さない?使い分けがおすすめ
髪のダメージ補修は計画的に!正しいヘアケアで美髪を目指す
ノンシリコンシャンプーが嫌われるきしみと臭いの原因
セルフカラーで白髪染めをすると白髪は増える?
髪の分け目を自然に変える方法|印象が変わりボリュームアップも!
白髪を抜くのはダメな事?増えるよりも深刻なデメリットとは?
縮毛矯正の上手い美容室の見つけ方|値段や薬剤よりも大事なコト
髪の乾燥が原因ではない!チラホラ出る浮き毛を抑えるには●●ケア
美容室のブロー技術に学ぶ|自宅でサラサラな髪を手に入れるには
湯シャンをやってみたら、フケが増えて臭いが強烈になった…
ヘアカラーが抜けやすい原因|退色を防いで持ちを良くする方法
カラーは最低どの位の間隔を空けるべき?カラーリングの目安の頻度
初めてのヘアカラーを失敗しないために!セルフで行うときの注意点
髪がギシギシして指通りが悪いとき|絡みの原因と対処法
どうにかして除去したい!髪に溜まる静電気を防止する方法
初心者でも超カンタン!憧れの巻き髪のやり方
自然乾燥はダメージ増大!髪を守るドライヤーの乾かし方
髪に合うシャンプーはメリット&デメリットで総合判断すべし!
ツヤがなくなるのは何故?シャンプーでうねりを抑えて輝く髪へ
泡立たないのはシャンプーが悪い?いやいや、原因は頭皮です!
アミノ酸系シャンプーは皮脂汚れもしっかり落ちてる?
皮脂汚れはしっかり取り除くべし!毛穴の詰まりは頭皮トラブルの元
髪や頭皮にいいこと満載!ヘッドスパで頭皮ケア
合成界面活性剤って何?シャンプーに入ってない方が良い?
石けんシャンプーが頭皮に与えるメリットとデメリット
髪の毛を濡らすと絡まる時の原因と対処法
まさに万能アイテム!ワセリンで出来る髪と頭皮ケア
髪の毛が脂っぽく感じる事ありませんか?オイリーヘアからの脱出法