髪のダメージ補修

髪の毛はパーマやカラーリング以外にも、
紫外線や摩擦で常に刺激で常にダメージを受けています。

 

 

髪が傷むとパサパサになりまとまりがなくなるだけでなく
ツヤもなくなり見た目にも良くありません。

 

 

他にも、

 

■クセが出てうねる
■広がってまとまらない
■パサつく
■切れ毛、枝毛が増える
■きしむ
■スタイリングが持たない
■ハリ・コシがなくなる

 

などがあります。

 

 

 

 

ダメージヘアのケア方法

 

髪のダメージは毎日のヘアケアで補修していくことが大切です。

 

 

ダメージ補修には

 

シャンプーの見直し
正しい洗い方で髪・頭皮をケア
トリートメントの見直し
髪をダメージから守る

 

などで、ケアします。

 

 

 

シャンプーの見直し

 

健康的な髪の場合は匂いやイメージなどシャンプーは
好みで選んでも問題ありません。

 

 

しかし、傷みが進行してしまった髪には
ダメージ補修をするシャンプーを選ぶ必要があります。

 

 

大事な事は

 

■頭皮に優しい
■不要な皮脂や汚れのみ洗い流す
■髪を保湿する

 

となります。

 

洗浄力の強いシャンプーはご法度で、
アミノ酸系の適度な洗浄力が髪への負担を減らします。

 

 

 

 

正しい洗い方で髪・頭皮をケア

 

正しい洗髪は髪と頭皮に優しく、痛みを与えるものではありません。

 

 

【正しい髪・頭皮の洗い方】
洗髪前のブラッシング
ぬるめのお湯で汚れやホコリを落とす
シャンプーは頭皮につけて洗う
指の腹でマッサージをしながら洗う
しっかりすすいで洗い流す

 

 

美容室で髪を洗ってもらうときを思い出してみてください。

 

 

1つ1つの工程に時間をかけて
丁寧にケアしているはずです。

 

 

自宅でもできることなので、
正しい洗髪を行うようにしましょう。

 

 

 

 

トリートメントの見直し

 

トリートメントはダメージヘア用である事はもちろんですが、
コラーゲンなどの髪に良い成分を含んだタイプを
選ぶようにしましょう。

 

 

髪の内部まで浸透させるため、
毛先からつけていき3分程度はそのままにしておきます。

 

 

トリートメントが髪に残らないように
ぬるま湯でしっかりとすすぎを行います。

 

 

 

髪をダメージから守る

 

洗髪でぬれた髪は水分を含んでおり
しっとりしています。

 

 

この時は髪をダメージから守るケアができるチャンスですが、
髪が痛みやすい瞬間でもあります。

 

 

正しいケアを行えばダメージ補修に最適なタイミングです。

 

 

タオルドライは髪を挟み込むようにして乾かし、
決してこすってはいけません。

 

 

髪に美容成分を補給しドライヤーで乾かします。

 

 

低温ドライヤーやマイナスイオンドライヤーなどで
温風冷風を上手に使い分けて
髪の内部に潤いと美容成分を閉じ込めます。

 

 

 

 

髪のダメージがひどすぎる場合

 

繰り返しのカラーリングなどで髪ダメージがひどすぎる場合
短期間での補修は難しいと考えてください。

 

 

長年かけて受けてきたダメージは計画的に補修していくことで
初めて潤いを実感できるようになります。

 

 

ラサーナの美髪プログラムなら
6ヶ月間のしっかり補修とヘアケアで
美髪を目指せます。

 

 

ヘアサロンクラスのダメージケアは
1日約122円で体験できます。

 

 

詳しくは、ラサーナ美髪プログラムセット
でチェックしてみてください。

 

関連ページ

プリン頭のリタッチ|全体を染め直すべき?根元だけ染めるべき?
お肌だけでは不十分!髪と頭皮の紫外線予防のコツ
シャンプー難民のあなたに!美容室専用ヘア用品を通販で購入するには
シャンプーはイメージで選ぶな!3種類のシャンプーの特徴と違い
パーマがかかりにくい原因と対策
なぜ?冬でもないのにトリートメントしても静電気が防げない原因
トリートメントは洗い流す?洗い流さない?使い分けがおすすめ
ノンシリコンシャンプーが嫌われるきしみと臭いの原因
セルフカラーで白髪染めをすると白髪は増える?
髪の分け目を自然に変える方法|印象が変わりボリュームアップも!
白髪を抜くのはダメな事?増えるよりも深刻なデメリットとは?
縮毛矯正の上手い美容室の見つけ方|値段や薬剤よりも大事なコト
髪の乾燥が原因ではない!チラホラ出る浮き毛を抑えるには●●ケア
忙しい朝に限ってできる寝ぐせのカンタンな直し方【3ステップ】
美容室のブロー技術に学ぶ|自宅でサラサラな髪を手に入れるには
湯シャンをやってみたら、フケが増えて臭いが強烈になった…
ヘアカラーが抜けやすい原因|退色を防いで持ちを良くする方法
カラーは最低どの位の間隔を空けるべき?カラーリングの目安の頻度
初めてのヘアカラーを失敗しないために!セルフで行うときの注意点
髪がギシギシして指通りが悪いとき|絡みの原因と対処法
どうにかして除去したい!髪に溜まる静電気を防止する方法
初心者でも超カンタン!憧れの巻き髪のやり方
自然乾燥はダメージ増大!髪を守るドライヤーの乾かし方
髪に合うシャンプーはメリット&デメリットで総合判断すべし!
ツヤがなくなるのは何故?シャンプーでうねりを抑えて輝く髪へ
泡立たないのはシャンプーが悪い?いやいや、原因は頭皮です!
アミノ酸系シャンプーは皮脂汚れもしっかり落ちてる?
皮脂汚れはしっかり取り除くべし!毛穴の詰まりは頭皮トラブルの元
髪や頭皮にいいこと満載!ヘッドスパで頭皮ケア
合成界面活性剤って何?シャンプーに入ってない方が良い?
石けんシャンプーが頭皮に与えるメリットとデメリット
髪の毛を濡らすと絡まる時の原因と対処法
まさに万能アイテム!ワセリンで出来る髪と頭皮ケア
髪の毛が脂っぽく感じる事ありませんか?オイリーヘアからの脱出法