美容室のブロー技術に学ぶ|自宅でサラサラな髪を手に入れるには

美容室でブローしてもらうとツヤのある
サラサラの髪になります。

 

 

しかし、自宅に戻って自分でドライヤーをかけても
全然思ったように仕上がらない、という経験ありますよね?

 

 

この差は美容師のブロー技術によるものです。

 

 

 

 

基本的なブローテクニック

 

ドライヤーのあてる方向は
根元から毛先に向かって当てるのが基本です。

 

 

これはキューティクルの流れに逆らわずに
きれいに閉じさせる事でキューティクルの向きが
同一方向に収まるためツヤが生まれるのです。

 

 

また、キューティクルの向きが乱れずに整っていると
髪の絡まりがなくなりサラサラ指通りの良い髪質になります。

 

 

 

美容師の使っているテクニック

 

美容師は髪の専門家ですから
髪を美しく見せる技術に長けています。

 

 

前述のように根元からドライヤーを当てていくのですが
このときブラシで引っ張りながら風を当てるのがポイントです。

 

 

美容室でブローしてもらう時に鏡を見てみてください。

 

 

必ず髪を分割してブラシに絡ませてから
根元→毛先へとドライヤーを当てているのが分かるはずです。

 

 

ブラシで少量の髪を取ることで、
髪に均一な風を当てることが出来ます。

 

 

これにより髪の乾きムラがなくなり、
髪1本1本のキューティクルもしっかりと整えられます。

 

 

また、軽く引っ張る事で髪をピンと伸ばした状態で
髪を乾かすのでその状態を記憶して固まります。

 

 

ですので、美容室でブローしてもらうと
くせ毛でも真っ直ぐになりサラサラになるのです。

 

 

 

 

美容師でも自分でやると意外と難しい

 

実は自分の髪をきれいにブローするのは
美容師でも難しいといわれています。

 

 

というのも、人の頭(髪の毛)は自分がやりやすいように
方向を変えて引っ張りやすいですし、
ドライヤーも根元からかけやすいものです。

 

 

しかし、自分の髪となるとやり難いのはプロの美容師も同じです。

 

 

そんな時は美容師が良く使っている
ロールブラシがおすすめです。

 

 

ロールブラシは髪の毛が絡みにくいため
髪が痛んで絡みやすいという人にもおすすめです。

 

 

関連ページ

プリン頭のリタッチ|全体を染め直すべき?根元だけ染めるべき?
お肌だけでは不十分!髪と頭皮の紫外線予防のコツ
シャンプー難民のあなたに!美容室専用ヘア用品を通販で購入するには
シャンプーはイメージで選ぶな!3種類のシャンプーの特徴と違い
パーマがかかりにくい原因と対策
なぜ?冬でもないのにトリートメントしても静電気が防げない原因
トリートメントは洗い流す?洗い流さない?使い分けがおすすめ
髪のダメージ補修は計画的に!正しいヘアケアで美髪を目指す
ノンシリコンシャンプーが嫌われるきしみと臭いの原因
セルフカラーで白髪染めをすると白髪は増える?
髪の分け目を自然に変える方法|印象が変わりボリュームアップも!
白髪を抜くのはダメな事?増えるよりも深刻なデメリットとは?
縮毛矯正の上手い美容室の見つけ方|値段や薬剤よりも大事なコト
髪の乾燥が原因ではない!チラホラ出る浮き毛を抑えるには●●ケア
忙しい朝に限ってできる寝ぐせのカンタンな直し方【3ステップ】
湯シャンをやってみたら、フケが増えて臭いが強烈になった…
ヘアカラーが抜けやすい原因|退色を防いで持ちを良くする方法
カラーは最低どの位の間隔を空けるべき?カラーリングの目安の頻度
初めてのヘアカラーを失敗しないために!セルフで行うときの注意点
髪がギシギシして指通りが悪いとき|絡みの原因と対処法
どうにかして除去したい!髪に溜まる静電気を防止する方法
初心者でも超カンタン!憧れの巻き髪のやり方
自然乾燥はダメージ増大!髪を守るドライヤーの乾かし方
髪に合うシャンプーはメリット&デメリットで総合判断すべし!
ツヤがなくなるのは何故?シャンプーでうねりを抑えて輝く髪へ
泡立たないのはシャンプーが悪い?いやいや、原因は頭皮です!
アミノ酸系シャンプーは皮脂汚れもしっかり落ちてる?
皮脂汚れはしっかり取り除くべし!毛穴の詰まりは頭皮トラブルの元
髪や頭皮にいいこと満載!ヘッドスパで頭皮ケア
合成界面活性剤って何?シャンプーに入ってない方が良い?
石けんシャンプーが頭皮に与えるメリットとデメリット
髪の毛を濡らすと絡まる時の原因と対処法
まさに万能アイテム!ワセリンで出来る髪と頭皮ケア
髪の毛が脂っぽく感じる事ありませんか?オイリーヘアからの脱出法